FC2ブログ

きんちゃんの週末D.I.Y日記

家具の製作とお庭仕事のD.I.Yを中心としたブログです。

> how to D.I.Yのコーナー > 素人D.I.Yではどんな木材を使ったらいいんだろう?私が使っている3種を紹介

素人D.I.Yではどんな木材を使ったらいいんだろう?私が使っている3種を紹介

今回はわたくしが使用している木材の種類についてご紹介。

k20180101_0DIY木材の種類

とりあえずやってみよう!の素人DIY



木材が多すぎて素人は迷う!


ウッドデッキとか家具をDIYで製作する時に材料となる木材。入手先をホームセンターに限定すればほんの数種類だけど、ネット通販まで視野を広げるとほんとうに沢山の種類の木材がわたしのような素人でも入手できます。

それぞれの木材にそれぞれ特徴があるんだろうけど、そんな違いはわたしのような素人にはわかりっこありません。ウリン?とかガラッパ?とか言われても、ごく一般的なサラリーマンはそんな名前聞いたこともないでしょう。もちろん触ったこともないでしょう。ましてや、他の材木と比較した長所、短所なんてわかるわけがありません(知らず知らずにどこかの公共施設で上を歩いたことはあるかもしれませんが)。
でも、それが普通でしょ?

わたしも最初は木材の知識なんて全く無くてたくさん悩みました。しかしDIYでのウッドデッキ製作などを通じて今ではほんの少しだけ知識と経験を得ることができたので、どんな木材がよいのかさっぱりわからず悩んでいる人向けにその僅かな知識をご紹介したいと思います。


わたしが使用している木材はたった3種類


わたしは屋内・屋外の両方で木材を使用していますが、レギュラーメンバーとも言える常用木材はたった3種類屋内用、屋外用、どっちも使う用の3種類だけなのです。

SPF材(ホワイトウッド材)


k20180101_1SPF材

これは完全屋内用。2×4工法の住宅の骨格に使われる輸入木材。
SPFというのは木材の名前じゃなくて、複数の種類の木材を合わせた呼び方。ホワイトウッドという名前で売られていることも。

とにかく安くてどんなホームセンターにも売ってます。ネットで買うと送料が勿体ないので、ホームセンターで買おう!柔らかくて加工しやすい反面、痛みやすいので屋外では数年で腐ります。腐りにくいように防腐剤を注入した緑色のやつもホームセンターで売っており、コスパ重視でそれを使ってウッドデッキを製作する人もいるみたい。実際何年持つのか興味はありますが、自分の家で試す度胸と時間はありません。

手作りの小型の家具や雑貨の材料と言えばほぼほぼコレ。わたしも棚板やストーブガードなど主に家具製作に使ってます。とにかく安くで加工もしやすいので、木工を始めるならこの木材からスタートしましょう。屋内ではそう簡単に腐らないので、塗装しなくても大丈夫。

k20180101_2SPF材
ホームセンターで簡単に手に入ります。

k20180101_3SPF材
加工しやすいので、こういう丸みも紙やすりで簡単につけることができます。

サイプレス


k20180101_5サイプレス

わたしは屋外用として使用。ホームセンターでは見かけたことはありません。インターネットで購入しましょう。

SPF材のように柔らかい木材は腐り易くて屋外での使用に向かないのですが、ハードウッドと呼ばれる硬い木材は腐りにくいのでウッドデッキ等屋外で好んで使用されています。ハードウッドといえばウリンとかイペという木材が有名ですね。このサイプレスはそれらハードウッドの仲間に入るような、入らないような、なんとも微妙な立ち位置の木材。ハードウッドの定義を単純に硬い木材とすればギリギリ入る感じだし、ハードウッドの定義を広葉樹とすれば完全に外れます。つまりサイプレスはそこそこ硬い針葉樹ということですね。

【長所】
  • 硬い木材だけどそこそこ加工(切断など)しやすい

  • 独特の香りがする

  • シロアリに強い

  • ウリン等より1割程安い


【短所】
  • 節があるので節抜けや割れが発生しやすい


私はこのサイプレスを多用していますが、耐久性に関してはご家庭レベルでは全く問題なさそう。この木材が朽ち果てる前にお庭のデザインに飽きを感じてしまいそう。それ以上に悩ましいのが経年による割れ、ささくれ。子供を裸足で歩かせるのは躊躇してしまうレベル。次ウッドデッキ作る時は1割程高くてもウリンにしようかなぁ、と考え中。

k20180101_6サイプレス
SPF材(左側)と比べると、密度の高い構造であることが分かりますね。

k20180101_4サイプレス
しかしながら割れ・ささくれが多く発生するのが困りもの。

k20180101_7サイプレス
わたしはこのサイプレスでウッドデッキを製作しました。何年持つかなー?

ウェスタンレッドシダー


k20180101_8レッドシダー

主に屋内用、時々屋外にも使用。ホームセンターでも売ってることがあります、サイズが豊富なのはやっぱりインターネット。わたしはネットで購入してます。

SPF材同様とても柔らかい木材なのでとても加工しやすいです。とってもいい香りがするのでわたしはこの木材が大好き。家具を作る時はこの木材をメインに使用します。仕上げはもちろん無塗装!
柔らかい木材は屋外での耐久性はイマイチなのですが、この木材に関しては腐りにくい成分を含んでいるので柔らかい木材の割には耐久性があるんだとか。
ハードウッドに比べて軽いというメリットがあるのでわたしは屋外ではパーゴラなど高い部分で使用していますが、耐久性はやっぱりハードウッドよりも劣る印象があります。腐りやすいというよりかは、単純に脆い?割れやすい?って感じかな?

k20180101_9レッドシダー
色は結構差があるようで、薄いのから濃いのまでいろいろあります。

(おまけ)ウォルナット


k20180101_10ウォルナット

これは高級家具の材料で有名なウォルナット。
マスターウォールという家具屋さんで端材が1個100円で売られていたので、時々お店を訪れては買い占めていました。100均ショップのしょぼい木材と同じ値段で、独特な美しい色目と密な構造をもつ高級木材が手に入るのです!いやぁ、SPF材とは全然違う・・・。
こういう端材を入手できる機会はそうそうないかもしれませんが、家具メーカーに問い合わせるのも一つの手かも?雑貨や小物を作る人にはとってはかなり魅力的な材料ではないでしょうか。


まずはSPF材から始めよう


屋内で使用する家具・雑貨の製作であれば、まずはSPF材からスタートしましょう安いので失敗しても大丈夫。加工も簡単ですのでたくさん練習しましょう。
ウッドデッキを作るのであればやっぱり一番有名なウリンがいいんでしょうね。わたしは節が好きなのでサイプレスを使いましたが、割れの多さはやっぱり気になります
ハードウッドは加工が難しい!と良く言われますが、道具さえ揃っていればそう難しいものでもありません。加工の方法と必要な道具についてはまた別記事で紹介したいと思います。

関連記事

とりあえずやってみよう!の素人DIY


Comments

post
Comment form